好きなもの嫌いなもの

私には11ヶ月の娘がいます。

そんな娘が最近、とても好きなものがあります。それはドライヤーです。きっかけは、私が髪を乾かしているとき足元にひょこひょこやってきた娘にドライヤーをいたずらで向けてみたことです。

ドライヤーを向けるなり、目を細めて大喜びで手をパチパチと叩きます。娘は髪の毛が薄くドライヤーを当てる必要は全くないのですが、私が髪を乾かしているとき、必ずと言っていいほど足元に寄ってきてはズボンの裾を引っ張ってくるので、毎回ドライヤーを当ててあげます。

そんな娘が嫌いなもの、それは掃除機です。最初の頃は全く泣かなかったのに、最近では掃除機を出してくると、眉を下げて不安そうな顔で掃除機を見つめます。掃除機のスイッチを入れ”弱”で稼働させると、娘の下唇が出てきます。泣くのを必死にこらえているときの顔です。掃除機を”中”で稼働させた途端、娘のぎゃん泣きスイッチもONになります。掃除機をかける私を全力で泣きながら、とてつもない速さで追いかけてきます。一度ぎゃん泣きスイッチが入った娘は掃除機のスイッチを切っても、抱っこするまで治まりません。そんな泣き顔を面白くて笑いを耐えながら、娘をあやす私です。

好きなもの嫌いなもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です