子供を産んで世界が変わった

10月1日の夕方に女の子を出産しました。体重は3305gで、少し大きめでした。長い時間陣痛の痛みに耐えて、ようやく出てきた女の子。分娩室で初めて抱かせてもらった時、温かかった。やっと出てきたという安堵と、嬉しくて、愛おしい気持ちやら色々な感情が押し寄せてきて泣いてしまった。旦那も泣いていた。

私たち夫婦にとって初めての子供。この日を迎えるまで沢山の困難があった。辛くて、辛くて死んでしまいたいと思ったこともあった。でももうそんな自分のことはどうでもいい。全身全霊でこの子を守るんだと神様に誓いました。

出産後、数時間は出血が多いので寝てはいけない。丸2日くらい寝ずにいたのに、何故だか全然眠たくなかった。自分が凄い体験をした興奮からか、おしゃべりになった。ずっと旦那とおしゃべりしていた。

経過が良くてもう寝てもいい頃になった時、ふと世の中のお母さんはすごいんだなと思った。そして私の母親にラインで「こんな痛い思いをしてまで産んでくれてありがとう」と送った。ほんとうに凄く感謝してる。支えてくれた旦那、両親、姉、ほんとうにありがとう。また慣れない育児で泣きごとを漏らしたり、相談したりすることもあると思うけど、宜しくお願いします。私はずっとひとりだと思っていたけど、ひとりじゃなかった。頼れる人も、支えてくれる人もいた。ほんとうにありがとう。

子供を産んで世界が変わった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です